スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


戦闘方面

起きたらものもらいができていました。
こんにちは、えあてきです。

さてと、今日の話題は「戦闘面」。
ずっと面倒くさがっていたんですが、そろそろ覚悟をきめて
真面目に考えてみることにしました。…そんなお話。

RPG制作における戦闘面。これ難しいですね。

難しいって何が?
どう解決したらいい?

まずここをはっきりさせないと動き辛いので、
とりあえず分析してみましょうか。


◆経験・技術の不足

毎度嘆いているこの2点。

・経験=作った経験に加えて、「制作を想定しながら遊んだ経験が足りない」
・技術=システム面の理解不足。作り方がわからない

でも、これについては打開の方法は簡単です。
「遊べ!そして学べ!」
いいね。遊ぼう遊ぼう(笑) 

ちょっと話がずれますが、ゲーム作りが好きな人は、
遊ぶ時点ですでに「作る視点」を持っている人が多い気がします。
…逆かな。「作る視点」のある人が作り手に移行するのかな?

ゲームを作るきっかけは様々で、

例えば、1つのゲームが好きすぎて、
もっとこうしたい!と思うようになって、自作の方向に進んでしまうタイプ。

または設定厨。「僕が考えたこんな世界!」を実現するタイプ。
TRPG好きな人に多目。

もしくは「伝えたい主張」が最初にあって、
それをゲームという手段で表現しようとするタイプ。ノベル系とか。

そして「技術的に作れるからちょっと作ってみるか」のタイプ。
自分はこれだな。

まあ何がきっかけでもいいんだけれど、
ゲームシステムをしっかり作り上げられそうなのは
一番最初のタイプだろうと思います。
オリジナリティとはトレードオフの関係ともなるけれど、
でも一度は物真似してみた方がよさそう。腕が上がるから。
特にユーザビリティ関係は独自にしても良いことがないので
良い物に倣えが有効だろうと思います。
操作説明とかメニュー画面とか、もっと気にしておけばよかった。少し後悔。


◆RPG固有の問題=解法の多様性

本題に戻します。
戦闘面を作るのをなぜ難しいと感じたか。
それは、RPG固有の「解決方法の自由度」にある気がします。

たとえば、ひたすらレベルを上げて力押しで処理する人。
反対に低レベルで攻略するのに熱を上げる人。
技や魔法があれば何でも試してみたい人。
めんどくさいのが嫌でとにかく先に進みたい人。
ほどよく難しくなくては楽しめない人。

どこに焦点をあてていいのかわけわからん。

RPGは自分がヌルゲーマーなだけに余計に。
でも少しずつ頂いた「意見」を集めているとみえてくる部分もありました。


◆ザコ敵のあり方

うちに限りませんが「強すぎる」という意見が多いように思います。
「弱すぎる」というのはあまり聞かない。
つまり通り道を邪魔するザコ敵はただの「経験値」の養分で、
ビシバシ一撃でなぎ倒せる爽快感を求められている、と。

武器ごとや技ごとに「経験値」を細かく設定して、そこに自由度をおき、
レベルごとのザコ敵を多くそろえておく。挑戦用の敵は別に置く。
なるほど。今時のRPGって確かにこんなだね。
目標に向かってちびちび数値が増えていくのが楽しいんだよね。わかる!

「初めてRPG」でなぜ一発で倒せないかっていうと、
 ・特徴をつけるために個別の技能を持たせた
 ・基本一匹で出現
 ・基本プレイヤーより行動が遅い

この結果、一発で倒せてしまうと敵のワザが発動しないので
2ターン以上必要なバランスで作った。そういう流れになります。

もし今後に周回要素や別ダンジョンを作るなら、
敵を複数組み合わせて、さらに高度な戦闘をっていう算段だったけど、
ちょっと考えなおそうかな。
…ま、それ以前にとっとと魔法のバグを直せよって話なんですがね。


◆やりこみ or やりこませ

とりあえず「モンスター図鑑」です。
まず最初に、ウディコン初期バージョン
「出現しない敵」がいたバグがあったことについては、
何度も何度もお詫びします。ああ…。
条件で出現を調整するのはまだ自分には早かった。

条件やランダムで発生する系統。これバグの温床ですね。
理論上の進行不能についてはまだ脳内で予測してつぶせる感じなんですが、
コーディング上のミスを見逃すことが多い。
テスト方法に問題がありそう。総当りしないでの思い込みスルーが多すぎ。

・・・っと、本題に戻って。
やりこみとやりこませの違い。

結論からいって、やりこませと感じさせる要素は
 ・情報提供の不足
 ・低すぎる確率
 ・単一作業の繰り返し
(追記: ・苦労にたいして見返りの少なさ)

初心者制作者が総じて意見を言われるのもこの辺り。
慣れた作者さんは理解して対応していることが多い。これも技術と経験。
別に悪意でやりこませたいって思ってるわけじゃないんですよw

「初めてRPG」の場合は1周目は超簡単でいいかなぁ。
難易度下方修正しようかな。うん。


あと拍手返事。
うちは辺境だから頂くコメントも温かいのばかり。少ないから丁寧に返せます。
いつも本当にありがとう。
素直に感謝できない性格で申し訳ないと思う時もありますが。
でも勝手に反省しているだけなので心配ご無用。
ウディタ関係の人はみな大人で親切だよね。ぬくぬく。
あ、でも。もう少ししたら丁寧でなくなると思います。バグが取りきれたら制作中心に。
もっともっと時間が欲しい。


・・・と、長く書きすぎた!w ではこの辺で。


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

えあてき

Author:えあてき
「ウディタはじめました」
連絡先:airtekilife☆gmail.com
(☆を@にして下さい)

カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。