スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウディコンランク上げのコツ(追記)

・・・失敗です。「ふりーむ!」さんで更新したことをもっと大きく書くべきでした。
「そのバグ直しました!」とここで叫んでも届かないし何か良い方法があれば教えて下さい。
(追記:ひとまず説明の変更を申請してきました。これで大丈夫かなぁ?)

それはそうと、タイトルの件です。
以前、「ウディコンのランク上げのコツ」という話題でこんなエントリーを書いたのですが、

「さあ冷静にランク考察」

他にも、参考になりそうなことを思い出したので、追記しておきますね。

◆ウディコンでランクを上げるには!
  →「掲示板の書き込みに丁寧に対応する」

ウディコンでは、作品ごとに専用の掲示板を設置して頂けます。
そしてかなり丁寧に、バグ報告やご意見を頂けます。
それ自体はとても有難いことなんですが、
どうしても問題点の指摘が中心になってしまうので、
精神的にけっこう辛い場合もあります。
(自分の場合は批判的意見を頂く方がむしろ充実していたような気がしますが…)

というわけで、

ウディコン期間中は、掲示板対応用の時間を確保する。
(できない場合は事前に掲示板にその旨、書き込みをしておく。)

ちなみに自分は適度にプレッシャーを与えないと仕事をしないタイプなので
バグ報告やご意見はどんなに些細な内容でも、非常にありがたいです。
貴重な手間と時間を割いて下さる親切な方々には、心からお礼を申し上げたいです。



(追記:
掲示板対応と時間の確保。これは言うなれば「自分への反省点」です。
来年他の方が同じような気持ちにならないように、もう少し詳しく語ってみます。…ウディコンの思い出話です。

ウディコン応募時、うちの作品は大きな問題をいくつも抱えていました。(掲示板を見ればまあ…)
もしその時、時間が取れていなかったらかなり困ったことになっていたと思います。
で、(こんなのは自分だけかもしれませんが)、当時は「応募したらそれで終わり」だと考えていました。
修正するつもりもなく、バージョンという概念も知らず。今思うと恐ろしいことですが…。
そういう作業を応募した後に知って、その後の結構な日数を慌ててウディコンのためにあてたりだとか、
他の作者さんの対応の速さに圧倒されて慌てて勉強したりとか、かなり必死ではありました。
そういう感じを今回の更新で思い出して書いたというそんな流れの話です。

ゲーム制作で恐いのは遊ぶ人の時間を奪ってしまうことですね。
とりあえず今回わかりやすい部分で2バージョン連続のバグはちょっとくるものがありました。
バージョンアップは早々して頂けるものでもないと思うので、もう少し慎重になりたいのですが。
他の作者さんがしっかりしているのも頷ける気がします。そうでないとゲーム作りは難しいですね。
まあ…自分なりに頑張ります。経験と技術を積み重ねれば、来年ぐらいにはもう少し…。)



スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

えあてき

Author:えあてき
「ウディタはじめました」
連絡先:airtekilife☆gmail.com
(☆を@にして下さい)

カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。