スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さあ冷静にランク考察

こんにちは、えあてきです。
皆様いかがお過ごしですか?

昨夜のウディコンランク発表は本当にぶっ飛びました。
まさかのカウントダウン!……、主催者さんやりますね!

いざ蓋を開けてみると、全体がわりといい感じの順位におさまっていました。

自分的に「上位は無理だろうけど気に入っている作品(複数)」が健闘していたので大満足です。
一方でどうしてこれが低いの?…というのもありましたが。

うちの作品ですか?――昨日の時点でいうなら“想定よりちょい上”かな。
応募時点にさかのぼるなら“予想もしないびっくり評価”です。、
思えばあの頃は評価基準をとんでもなく履き違えていた感じがします。

***********************************************
ウディコンでは「わかりやすい作り」を重視する
***********************************************

過去のコンテストの結果を見ていて知りましたが
きっとこれが伝統なんですね。

そういう意味で、自分の作品はジャストマッチだったと思えるし
もともと「ウディタ界に少しでも貢献してご恩返しをしたい」という気持ちで応募した部分もあったので
今回の10位という順位は最高の評価だといえます。

**************************************************
もう「基本システム作品はゴミ」なんて言わせない!
**************************************************

なんてね(笑)
いずれ本当に力のある作者が「基本システム」の枠内で
うちの作品のようにコンセプトで逃げるのでなく純粋な「面白さ」で
華麗に一位をかっさらってくれたらいいなぁとそう願います。

その願いをこめて、以下、今回のウディコン参加で得た「ランク考察」
つまり「ランクを上げるコツ」をさらしておきますね。

(矛盾するようですが、自分は制作者の立場から「面白さ」より「挑戦」を重視するのでたとえ面白さにつながらなくても独自システムはそれだけで高く評価しています。
できれば自分も独自システムで勝負したい!あとメジャーよりマイナーが好み)





◆ランク考察

まず最初に断っておくのはランク=作品の質ではない、ということです。
少なくとも自分が「好きな作品を上から並べて下さい」と質問されたら
このランクどおりにはなりません。
(だってすごく好きな作品が下にあって…泣ける……)

ですが、高ランクを狙う、ということにも意義があるのは確かです。
というわけで分析します!


◆総合順位

【1位】『RainyTower』(アクション)
【2位】『召喚指揮候補生』(RPG+ADV+SLG)
【3位】『ロードライト・フェイス』(RPG)
【4位】『Wish Disproportionate』(RPG)
【5位】『ソラドウト』(探索ADV)
【6位】『WILD ONE』(シューティング)
【7位】『ユトレピアの伝説』(RPG)
【8位】『夢遊猫ケーリュケイオン』(RPG)
【9位】『うさりずむ』(アクション)
----------------------------------------
【10位】『RPGを初めて遊ぶ人のためのRPG』(RPG)
【11位】『なれる?NE』(SLG)
【12位】『うみとまもののこどもたち』(RPG)
【13位】『少年と世界』(ADV)
【14位】『tear garden』(RPG)
【15位】『Bit』(RPG)
【16位】『Z.Game』(カード)
【17位】『俺の機体にブレーキはない。』(アクション)
【18位】『Wizard Leo』(アクション)
【19位】『Unknown』(ノベル)
【20位】『Tunnel Flying!!』(アクション)


まず総合順位ですが、1~9位には過去に実績のある作者さんの作品が並びます。
一方で10位以下にはあまり見たことのない作者さんがちらほら。
「工夫があって面白いけれどユーザビリティに欠ける」ものが多いですね。
ジャンルは結構バラバラですが、RPGと短時間で遊べるものが強い傾向にありそうです。


◆投票数(某掲示板からの転載)

1【ロードライト・フェイス】228票
2【召喚指揮候補生】177票
3【RainyTower】174票
4【ソラドウト】146票
5【なれる?NE】127票
6【うさりずむ】114票
7【ユトレピアの伝説】113票
8【WILD ONE】100票
----------------------------------------
9【Tunnel Flying!!】100票
10【Z.Game】92票
11【RPGを初めて遊ぶ人のためのRPG】89票
12【Wish Disproportionate】88票
13【Dust Box!!】83票
14【夢遊猫ケーリュケイオン】82票
15【少年と世界】80票
16【ある4人の闘技大会】78票
17【アルセカ・ストーリー】77票
18【Deep Forest】76票
19【うみとまもののこどもたち】75票
20【Bit】74票

投票数が多い方が「合計点」が頂けるので、かなり有利です。
うちの…意外に多かったんですね。ちなみにコメント付は53票ありました。
さして話題にもならず、加えてあの説明文と序盤でよくぞここまで。
某掲示板のおかげですか?ありがとうございます。(応援感謝します!)

もし合計点を排除して平均点だけで順位をつけるなら、というのも面白いですが
しかし「少数の高評価=コアなファン」だけでランクが上がるのもどうかと思うので
ならばいっそ人気投票(注目度)の方が納得できます。


◆平均重視度

熱中度 77.9 %
斬新さ 52.1 %
物語性 60.0 %
画像/音声 54.2 %
遊びやすさ 73.7 %

これ曲者ですよねw
「熱中度」と「遊びやすさ」を狙えってことですよね。
「物語性」はジャンルによっては困るかも。そういえばストーリー付アクションが多いのも多分このせい。


◆評価者による点数基準のばらつき

各作品のコメント欄を追っていて感じるのがこれです。
うちの作品も例外ではないですが「ALL9か10」のようなつけ方が目立ちますね。
それなら単純に「遊んだ作品を上から並べて下さい」+「持ち点30を各分野に
振り分けて下さい」の方が情報としては(作者的に)役立つんですが…。
まあコンテストですから仕方ないかな。

せっかく真面目に点数をつけたのに反映されなくて悔しい!という
評価者の方の気持ちはよくわかります。
でも丁寧なコメントの方がずっと嬉しいのであまり気にしなくていいと思います。


◆提案

ふと思ったのですが、今後のウディコンで「特別賞」を決めるというのはどうですか?
審査員の主観で特に尖った作品や、単純に主催者の好みの作品について賞を出すのです。
注目度も上がるし個性派や将来性のある作者さんには励みになると思います。
自分も入るならそっちがいいなぁ。「基本システム応援賞」とか「丁寧で賞」とか。
あとジャンル別のリストもあるとありがたいです。ジャンル別ランクが見たい。


◆結論

最後に「こうすれば上位ランクを狙える!」をまとめておきます。

******************************************************************
1)内容について
→遊ばれやすいジャンルで勝負する。または苦手な人でも楽しめる工夫。
 短時間で遊べて、わかりやすくて、達成感を得やすくて、何度も遊べればベスト。

2)各項目について
→「熱中度」と「遊びやすさ」に気合をいれる。
 とにかく手にとって最後まで遊んでもらうことが大事。
(ユーザビリティ、進行バグや緑帯を作らない、良質なチュートリアル
 操作性、見やすい、軽い…etc.)

→斬新さ
  独自システム有利。ネタや特殊ジャンルもここ。
→物語性
 エンディングは大事。でも途中がよければ十分評価されている感じ。
→画像/音声
 統一感が大切。一枚絵だけでなくマップや演出やSEも加点要因。

3)投票数の確保
→宣伝と実績と知名度!!!(やっぱこれ)
→応募時のSSと説明文は重要。タイトルもw
 「やってみようかな」と思わせる印象操作が大切。
→早めのエントリー。ただしフライングで中途半端な物を出すのはNG。
 開催中に直せばいいやと安易に構えていると、最初のバージョンで
 評価されて後悔することになります。(はいはい自分です反省!)
→コメント(加点)したいと思わせる売りを作る。
→大勢に満遍なく好かれる。and 一部の人に強烈に好かれる。両方。
******************************************************************



……これに自分を照らし合わせると、

もっと改善できたなーとか、逆に運が良かったなーとか色々あるわけですが
でもランクよりなにより、まずは応援して下さる方がいたという事実が
期待されてるのかなーという感触が、一番の“ご褒美”でした。

来年も参加したいですが、
とりあえずは、RPGを初めて(ry…?を整える作業に戻りたいと思います。

応援くださった皆さま、
本当にありがとうございました!




#追記
しまった。一番大事なキーワードを書き忘れていました。

「総合力」と「完成度」

やっぱこれです。上位作品はこの点で本当にしっかりと作られています。
おそらく過去の制作経験の積み重ねが完成度を高めていくのでしょう。
継続は力なり。ああ…、自分の一番苦手な分野です。他の作者さんに期待します!(笑)


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

えあてき

Author:えあてき
「ウディタはじめました」
連絡先:airtekilife☆gmail.com
(☆を@にして下さい)

カテゴリ
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。